入口の自動ドアが開くと、地域の情報を発信する掲示板が設置されており、久留里と周辺地域のイベントや館内の情報を知ることができます。

掲示板向かいの展示ケースでは、千葉県指定伝統工芸品「雨城楊枝」をご覧いただけます。雨城楊枝の詳細については館内のパネルで紹介しております。雨城楊枝のお土産品も食堂に置いておりますので、ご購入の際は、近くのスタッフにお声をかけてください。また、作者の森さんは当施設で月に一度の最終日曜日に夢広場という団体の中で活動しています。

奥の展示スペースでは、新井白石のミニ展示と地元の久留里城甲冑会の方々がボール紙で作成された間近に見ることが出来ます。久留里城甲冑会は地元の小学校でも甲冑製作の取り組みを児童たちと共に行っています。毎年10月に行われる久留里城祭りでは、甲冑会で作られた甲冑を身につけ、行列をなして久留里城下から行進します。久留里城甲冑会は当施設で毎月2回の第1、第3火曜日の日中に活動を行っています。「参加したい」など興味のある方はぜひご連絡ください。


最後に施設の造りについて、天井の木の梁ですが、とても細かい仕事がなされていて、こだわりを感じられます。照明も障子紙を使用されており、温かい光加減がとても魅力的です。